-xg7g5p
Unihertzの物理QWERTYキーボード搭載携帯電話の第二弾。
Titan Pocket、BlackBerry Classic風であり非常に持ちやすく、非常に良い。

SymbolキーとFnキーの追加でキーマップやショートカットによる自由度、利便性が跳ね上がり、216gという現実的な重量感に軽量化!!なによりこのサイズ感!!!携帯電話として相応しい筐体サイズ!!!

ただ画面サイズが小さい分には何も問題がないがアス比が1:1な為ソフトウェアの表示が壊れる。
miniモードを使う事で表示できるが、そうすると開発者オプションで設定した最小表示幅が元に戻ってしまうので、何か対策方法がないかと模索中。

無印同様、ホームボタンは静電式(物理化して欲しい物だけれど)の為無効か、戻るキー1クリックで戻る、長押しでアシスタント起動、タスクキーを1クリックでホーム、2クリックで実行中のアプリケーション一覧表示、長押しで画面分割に割り当てている。
無印TitanにはなかったSymbolキーとFnキーが追加されたので、SymキーをTab、FnキーをCtrlを割り当てた。BlackBerryのように下部に配置して欲しい物だけれど、これは理想への大きな一歩である。

あ、スペースキーをVとBで挟むのもやめてほしい。


無印Titanの時と同じようにIMEはAqauaMozc for Titanを使用。
素の最小表示幅では自分は満足できなかった為、711dpにしている。
もうちょっと小さくする事でOpera等で上部にタブバーを表示できるるようになるんだけど、流石にそこまで最小表示幅を上げると文字を読むのがきつくなってしまうのでこれが個人的な最適解だろう。

SoCは貧者だけれど、ソフトウェアキーボードと比べて物理キーボードの方が圧倒的にブラインドタッチが安定しており、誤字脱字も減ってとても入力しやすい事を考えると妥協の余地がある。

少しづつだけれど理想に近づいている。やっぱり携帯電話は物理キーあってこそなのよ。

BlackBerryのライセンス契約を取得していたFoxconnの子会社「OnwerdMobility」が開発終了してしまったので、スレート型の物理QWERTYキーボード搭載携帯電話はUnihertzに期待するしかないのかもしれない。


あとがき

無印Titanを軽薄化をして、FnキーとSymbolキーを追加した後継機を出して欲しい。
Pocket良かったので、Slimにも期待。

そういえば友達とLovot Cafeに行ってきたけれど、センサーの塊すぎた。

友達のブログ:https://diary.pcgf.io/lovot-cafe